ロッキーシリーズとはハンドルの取り外しが可能な新シリーズです。ロッキー用ステンレスハンドル木製サイドハンドル2個入りをお使いいただくことで、様々なフライパンやソテーパンに取り付けて使い回すことが可能です。省スペース化が実現でき、洗う際や収納が便利です。

別売りのロッキー用ステンレスハンドルは3点でしっかりと鍋やフライパンを支える構造になっているため、グラグラすることなく、持った時の安定性は非常に良いです。

調理中はもちろん、洗う際もハンドルを取り外せるため、省スペース化が可能です。


また、サイズが異なる鍋やフライパンを重ねることができ、収納がすっきりします。


プロも愛用する調理道具を作り続けるデバイヤーが手掛けたLOQYシリーズは、日常の手料理をさらに美味しく、毎日の食事を特別なひと時へと導く手助けができると信じています。料理を極めた方にもこれから本格的に料理を始める方にもおすすめしたい新商品です。

商品一覧
これまで数々の取り外せる調理道具を使ってきたFood Specialist 宮澤奈々先生も、その使い勝手の良さに惚れ込んだひとり。LOQYご購入者様にはセトレボン料理教室主宰、宮澤奈々先生監修【レシピブック】を差し上げます。

宮澤奈々先生
少人数会員制料理サロン「C’est Tres Bon(セ・トレ・ボン)」を主宰
百貨店や企業とのコラボレーションイベントやセミナー、器のプロデュースなど、料理研究家の枠を超えて、食空間のコーディネートを手掛ける。食や道具へのこだわりを持ち、センスのあるコーディネートは大人気。著書は『おいしく見せる盛りつけの基本』『シンプルなおもてなし』『アミューズでおもてなし』最新は『素敵なおもてなしのプレゼンテーション』

LOQY(ロッキー)を使っている宮澤先生に、その使い心地についてインタビューました。 
 自宅収納の容量を考えて、鍋やフライパンは
ハンドルや取っ手がとれるものしか使わない、
と決めていた宮澤奈々先生。

以前から品質の良さを知っていたデバイヤーで、
ハンドルの取り外せる商品ができたことがきっかけとなり、LOQYを使い始めました。

日々調理を重ねるにつれその使い勝手の良さを実感し、現在は全ての鍋・フライパンをLOQYに入れ替える程、惚れこんでいるそうです。

「料理に応じて沢山の種類の調理具を揃える必要があり、収納の観点からハンドルがとれるものを愛用しています。
でも、鉄や煮込み鍋でハンドルをはずせるものというのがなかなか見つからず、初めて出会ったのがLOQYでした。
鉄・ステンレス・フッ素樹脂加工、全ての素材の鍋・フライパンに共通したハンドルが使用できるのは、LOQYが世界初の商品。
そこに私はやられちゃいました。
IH・ガス、両方使えるのも良いなと思っています。

取っ手(ハンドル)が取り外せるお鍋を今まで様々使ってきましたが、LOQYはハンドルと調理具が3点で接合されているので、全くグラグラしません。
重さのある鉄のフライパンにつけても、しっかり安定しています。
ハンドルのカーブによって、持った時に重さを感じづらいところもお気に入りです。 」
写真:宮澤奈々先生の自宅キッチン収納

〝 LOQYは料理が楽しくなる調理道具 〟

一番のお気に入りはステンレス鍋のアルシミー。
「デバイヤーのステンレス鍋は底だけではなく全体が三層構造になっているのが特徴。
料理中にちょっと長く煮詰めたり、甘辛く煮たときに、普通は鍋の内側が焦げてしまうことがありますが、アルシミーはそれがないんですね。
そのため、温度管理が重要なソース作りや揚げ物にも使うことができます。」


写真:3層の高品質なステンレスで、煮る・蒸す・揚げる・炊く等様々な調理に対応できる万能な鍋<ロッキー ステンレス鍋 シチューパン アルシミー>

写真:デバイヤーの代名詞ともいえる鉄フライパン<ロッキー 鉄フライパン ミネラルビー>。
高品質な鉄製で外はカリっと中はジューシーを実現します。


写真:分厚いアルミが熱伝導率抜群な<ロッキー ショックエクストリーム>。
5層のフッ素樹脂コーティングが剥がれづらく、耐久性も良い逸品。
商品一覧
ハンドルがとりはずせるロッキー(LOQY)シリーズのカタログはこちら